PLANTATION プランテーション

BLOG

2016.07.13

【自由が丘店より】「TAKETOMI color」

暑い日々が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

自由が丘店の窓から入る強い日差しはすっかり真夏を感じさせる陽気です。

今回は来週から始まるイベントをご紹介させていただきます。

今年もまた沖縄竹富島から素敵な風が届きますよ。

 

TAKETOMI color

 

「タケトミカラー。」

2016年7月18日(祝・月)~31日(日)

沖縄県の八重山諸島にある島、竹富島。

海の色、空の色、砂の色、花の色、緑。

素朴だけど美しい。

そんな自然のなかで作られた生活の道具たちを自由が丘へ。

小さな島の手仕事、引き継がれるもの、新しく生まれるものすべてがタケトミカラー。

 

竹富島の照りつく太陽の光を浴び心地よい南風を受け

たくましく成長する島の植物たち。

植物から頂いた色で糸を染めひとつひとつ折り重ねる布。

布晒し

赤瓦

今回も島で作られている民具やアクセサリー・染め・織り・陶器などをご用意いたします。

 

 

●Ayoi(Yoshizawa Yayoi+Aki Nohara)

タケトミカラー。海

島縞

竹富島の植物を使って染め・織り。アクセサリー小物などを作っている

染織ユニット。

照りつく太陽と心地良い南風の中で日々、製作。

今回は、島の植物を使って染めた布バックや「島縞シリーズ」の手織りのハンカチ・髪留め・ストラップなども。

Ayoi  Facebook

 

●アトリエ五香屋

http://www.geocities.jp/gokouya/

gokouya写真②

八重山冨崎の赤土を使い、沖縄島安冨祖の白泥の上に線彫りで書く「魚文(タマン)」や、

島の原風景や祭りの踊り子の姿を伝える「みんなの文」。

大らかな菊花や月桃を描く「染付」。

島山羊や水牛、シロハラクイナなどを西欧のユニークなスタイルで描く「パテルナ文」。

海碧と自然灰釉を使い素朴で繊細に表した器を。

五香屋 Face book

 

●ヒロ子とミツ子とアイ子の手仕事

カゴ

アダン

燦々と降り注ぐ太陽のもとで、元気よく育つ植物で作った民具。

茎を裂いて干し、葉の幅を揃え乾かす。

材料を準備する。

ひとつひとつ手作業で、確かなものづくり。

アダン、サミ(月桃)など素材を生かした鍋敷きやトレイ、飾り物やアクセサリーを揃えました。

 

7月22日(金)~22日(日)はAyoiのAKIさんによるワークショップも行います。

予約なしで参加していただけますのでどうぞお気軽に。

 

【大人の図画工作】

竹富島の苧麻で“ぶーあしび”

7月22日(Fri) 11:00-17:00

7月23日(Sat)・24日(Sun) 11:00-20:00

所要時間30分程度 (3種類から選択)

料金:¥2,000(材料代含む)

ピアス

モビール

・タッセルピアス(植物染めした苧麻で作るフサフサピアス)

・モビール(苧麻と染め糸、種などを使った部屋に飾れるモビール)

・mini織りフレーム(木枠で作った織で小さな織り体験。フレームに入れて出来上がり)

 

自由が丘に竹富島の爽やかな風を感じにいらしてください。

竹富島

 

皆様のお越しを心よりお待ちいたしております。

 

Plantation 自由が丘店  真下

 

■Plantation 自由が丘店
東京都目黒区自由が丘2-26-27 1F
TEL:03-6459-5467
OPEN:11:00-20:00

jiyugaoka_map_FIX

 


↑ PAGE TOP